スポンサーリンク

大学への数学シリーズを使うべきレベルの受験生とそうでない受験生【大数ファン医学部生が語る】

医学部
スポンサーリンク

こんにちは。すぷらうとです。

実は大学への数学のコアなファンで、学力コンテスト(通称学コン)では1等賞のファイルを何冊か持っているくらい数学で調子に乗っていた僕が、今回は受験数学のちょっとリアルな話をお届けしたいと思います。

1対1対応の演習スタンダード演習新数学演習…受験数学をやってるとどれもよく聞く名前の問題集ですよね。

どれも東京出版が生み出した最高品質の問題集だといっていいと思います。

受験数学界でベストセラー問題集を生み出し続けている大学への数学シリーズなんですが、予備校で数学を教えていると、大数の問題集が向いている人と向いていない人がいるのを感じます。

この記事では、適性・必要性というポイントで、大数シリーズの問題集について解説していきます。

ちなみに筆者は中学生の時から医学部に合格するまでずっと大学への数学にお世話になり続けた生粋の大数ファンなので、大数のことを理解した上でお話しできるのではないかと思っています。

こんな読者におすすめ!
・数学の演習をしたいがどの問題集を使えばいいか分からない
・大学への数学シリーズの問題集を使っているが自分には合ってるのか不安
スポンサーリンク

大数シリーズの解説にはクセがある?

受験問題集の売れ筋といえば、やはり青チャートの名前が挙がると思いますが、青チャートと大数シリーズの問題集の解説を見比べてみると、全然違うことに気づきます

まず単純に解答例の長さを比べると、明らかに大数シリーズの方が短くてコンパクトです。

また、解法を取ってみても、青チャートは無難で素直な解法を取っていることが多いですが、大数シリーズはどちらかというとスマートで面白い解法を用いていることが多いです。

ただ、その分使う人によっては自然に頭に入ってこない、「なんか学校で習ったやり方と違うな…」といった手法も多く使われているのが大数シリーズの特徴です。

ここで、じゃあ一体受験生にとってどちらが問題集として有用なのかという議論になります。

一言で答えるとすれば、「人による」としか言えませんが、例えば地方国立医学部志望の人にはどちらがよいのか、模試で数学の偏差値が60の人はどちらがよいのかといった具体的なところを見ていきたいと思います。

あなたの志望校に大数シリーズは必要か?

志望校によっては、大数シリーズに全く手を出す必要のないことも多いです。

というか、そもそも東大でさえ青チャートで十分という人もいるくらいなので、極論どの大学であれ大数シリーズが必須になることはありません。

ただ、目安として、

旧帝大非医学部
国公立・私立医学部

あたりが大数シリーズで成績が伸びやすい層ではないかというのが、数年間予備校で数学を教えてきた感想です。

逆に、志望校がこれら以外であれば、大数が得意とするスマートな解法を敢えて学ぶよりも、青チャートのような実直な解法をひたすら反復練習した方が確実な得点率を望めるでしょう。

あなたの現在の数学力は?

「数学力」というとよく偏差値が引き合いに出されるのですが、偏差値はどの模試を受けてるかによって大きく変わってしまうので、あくまで参考にしかなりません。

ここでも一応偏差値で大数シリーズの必要性について話を進めていきますが、河合塾の全統模試の偏差値で考えてみましょう(駿台全国模試でもいいですが受験する層が限られてしまうので…)。

数学偏差値と使用問題集対応表

偏差値-55         青チャート➡1対1

偏差値55-65  1対1

偏差値65-75  1対1➡新スタンダード演習

偏差値75-      1対1➡新スタンダード演習➡新数学演習

もちろんこれは目安にすぎませんが、全統で数学の偏差値が60に満たない場合は、いきなり大数の解答例で勉強するよりも、青チャートなどの王道網羅系問題集をこなす方が賢明だと思います。

そして、新数学演習を使うべき人は偏差値75以上としました。

偏差値75って、よほどの天才じゃないと取れないじゃないか!

と思う人もいるかもしれませんが、実際新数学演習を使うべき人というのはかなり限られています。

具体的には、東大理3京大医学部阪大医学部といった、屈指の難関で戦いたい人以外であれば、新数学演習で出てくる問題はむしろ「捨てる」のが正しい選択です。

1対1➡スタンダード演習➡新数学演習
の流れが王道のように勧められがちですが、上で述べたような偏差値対応表を踏まえると、たとえば偏差値68の人はあえて新数学演習に挑もうとするのは控え、スタンダード演習を繰り返した方が効率がいいということになります(もちろん周回していて余裕が出てきた場合は新数学演習に移行するのもありです)。

まとめ

・大数シリーズは解法が教科書では見慣れないものであることも多い。
・大数シリーズで目指すべきは旧帝大や医学部といった難関校
偏差値55以上であれば1対1でスタートを切ろう。
志望校や今の自分のレベルを見て大数シリーズに手を出すべきかしっかり検討すべき。

コメント