スポンサーリンク

【Apple Pencilユーザーへ】ペーパーライクフィルム(ケント紙仕様)が使い心地最高な話

つぶやき
スポンサーリンク

こんにちは、すぷらうとです。

最近大学生でiPadを使って勉強するという人は徐々に増えているのではないかと思います。

iPadは今現在も次々と進化を遂げていますが中でも最近特に革命的だったのは、Apple Pencilの登場だと思います。

Apple Pencilが登場する前は、ペン先が太すぎて書きたい線が思うように書けないようなスタイラスペンしかなく、iPad上で文字や絵をかくにはあまりに不便でした。

しかし、このApple Pencilの登場により、ペン先の細さが飛躍的に改善され、手書きのノートをiPad上で作成するという人もずいぶん増えました。

ただ、いざApple Pencilを使い始めるとこんな感想が出てきます。

確かにペン先は細いけど、意外とペン先がツルツル滑って書きづらい…。

そうなんです。iPadの表面はツルツル、Apple Pencilのペン先もツルツルなので、接地面もツルツルになるのは不可避です。

iPadの画面に傷がついたり指紋がついたりするのを防ぐためにカバーを貼っている人も多いですが、

ガラスフィルムなどは表面の防護には向いていますが、書き味に関しては、余計に滑る感じがあるのが難点です。

スポンサーリンク

ペーパーライクフィルムとは

そもそも「ペーパーライクフィルム」って何?

という人も多いかもしれませんが、ペーパーライクフィルムとは文字通り

紙の上で書くような書き心地を提供してくれるタブレットフィルム

のことをいいます。

ペーパーライクフィルムを初めて使った時は、その書き心地の良さに感動しましたが、書きやすい反面デメリットとして「Appleペンシル先端の磨耗が激しい」です。

そこで僕がオススメしたいのは、ペーパーライクフィルムの中でも特に「ケント紙タイプ」と呼ばれるものです。

ケント紙?初めて聞いたけど何それ?

ケント紙とは、画用紙の種類の中でも表面が滑らかなタイプの紙を指します。

ケント紙タイプのペーパーライクフィルムは、紙のような書き心地を実現しつつ、過剰なペン先の引っかかりを抑え、ペン先の消耗が最低限で済むような設計になっているわけです。

ちなみに、僕が購入したペーパーライクフィルムはこちらです。

ELECOMはイヤホンやキーボードなどを販売している、電化製品の大手メーカーなので、個人的には安定の信頼感があります。

iPadですが、フィルムを貼る前がこちら↓で、

ケント紙タイプペーパーライクフィルムを貼った後がこちら↓です。

やはり画面のクリアさや明るさはフィルムを貼ることで抑えられてしまいますね。

僕はすぐ慣れてしまいましたが、画面のクリアさにこだわりがある人にはデメリットかもしれません。

実際に使ってみて

このケント紙タイプのペーパーライクフィルムを使い始めて2ヶ月ほどになりますが、書き心地は最高です。

ペン先の滑りはほとんど感じられませんし、ペン先が削れるような感覚もあまりありません。

ただ、使い続けていると段々ペン先の引っかかりが強くなってくる感触はあるので、書き心地の持続性が高いわけではないかもしれません。

Appleペンシルのペン先のすべりに悩んでいるけど、ペーパーライクフィルムでペン先が磨耗するのも困る…

という人にはオススメのフィルムなので、ぜひお試してみてください!

コメント